鯛釣りに適しているナイロン3号の釣り糸について

若い世代から中高年に至るまで、釣りを趣味になさっている方は大勢います。
この釣りをするためには必ず「ライン」と呼ばれる釣り糸を用意しないといけませんが、以前は木綿や麻といった天然素材を原料にしたものを使用されていました。
昨今ではナイロン製の化学繊維を用いた釣り糸が主流となっており、非常に細いのに高い耐久度を持っているのが特徴です。
釣りと一言にいっても釣れる魚の種類は非常に多く、それに応じた釣り糸を用意しないといけません。
釣り人の間で王様という異名で呼ばれている鯛であれば、3号サイズのナイロン製釣り糸を用いてロッドか「てぐす」という釣り方をおこないます。
3号サイズというのは釣り糸の太さをあらわす単位で、約0.2mmの太さです。
髪の毛と同等の太さであり、100mの長さがあれば最大で40kgまでの重さに耐えられる能力を持っているのが特徴です。
鯛釣りでは3号サイズを推奨されており、この糸に6号の重りと針をつけて投げ釣りをするのが理想的です。
使用するリールは糸の太さと同じサイズ表記をされており、3号のものを用意することになります。
船釣りだと遠方に投げるよりも目の前に垂直に餌を投入して釣るため、ロッドは8号程度の短いものを使用される場合もあります。
この時はナイロン糸は約100m程度の長さでも、十分対応ができるでしょう。
磯や波止場などでは遠方へ投げることになるので、最低でも300mの長さでリールにナイロン糸を巻き付けておく必要があります。
「てぐす釣り」という方法で鯛を釣り上げることもでき、この時も3号のナイロン製釣り糸が活躍をします。
鯛は警戒心が強い魚で、カラフルな色をしたナイロン糸では近づいてこない場合があります。
そのため、鯛を狙って3号糸を購入する場合は無色透明か黄色の釣り糸を購入するようにしましょう。
この2種類であれば海の中では目立つことがなく、鯛の警戒心を解いて餌に食いつかせることができます。