釣り糸の選び方!0.5号のナイロンはどのようなもの?

ナイロンは釣り糸の素材として定番ですが、選択するときは太さにも気を配る必要があります。
そこでポイントになるのがラインに使われている号数をチェックすることです。
そのとき誰もがしやすい勘違いとして、最低の太さを1号と思うことが挙げられます。
1号が基準になるのは確かですが、もっと細いものがあるので勘違いしないでください。
そのため、ポンドに関しても1号以下のものが存在します。
換算の式で計算するときも正しい認識で行う必要があるのです。

 

具体的には1号はおよそ2キロなので、それを踏まえて等倍することが基本になります。
2号の場合は単純に2をかけて、およそ4キロが正解となります。
それは簡単に分かるのですが、1号未満については計算できる人が少ないです。
こちらに関しても比例の関係になっているので、同様の方針で計算しても構いません。
0.5号であれば1号の半分なので、重さに関しても2分の1の1キロ程度ということになります。
当然ですが太ければ重くなり、それによって水中でも大きな振動を生みやすいです。
そのため、魚に気付かれにくくしたいなら、0.5号を選択することも有効な手段といえます。
ただし、魚とオモリの合計の重さに耐えられることが大事です。
そのため、0.5号を選択するあんら強度に関してナイロンより上のものを選んだほうが良い場合もあります。

 

なお、ナイロンは伸縮しやすくて指で引っ張ると柔らかさが感じられます。
この特性により扱いやすいので、釣りの入門者にぴったりで使いやすいと評判です。
リールに何度巻いてもクセが付きにくく、メンテナンスの手間をカットできます。
魚に食いつかれても切れにくいですが、根かがりに対しては弱いので気を付けましょう。
また、伸びることで衝撃が緩和されるので、少しのアタリでは見過ごしてしまうことも珍しくありません。
このようなメリットとデメリットを把握しておけば、上級者になってからも十分実用的な素材です。